読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング娘。の『音』を聞きたければイヤホンで聞け。

モーニング娘。の曲をイヤホンを使って聞く方法をオススメしたい。私はイヤホンを壊すことで有名なので、所謂コンビニのプチプライヤホンというのを使っている。しかし、これでモーニング娘。の曲を聴いてみれば、ハロー!プロジェクトの『音楽』をわかりやすく感じられて、もっとモーニング娘。の曲が好きになった。何がかっこいいのか。一番の理由は左と右で聞こえてくる音が違うこと。いくつか例をあげてみようと思う。

TIKI BUN

TIKI BUNは一番わかりやすい例かもしれない。
「寝不足は寝るしかない」
という歌詞のところが右左で一文字ずつ交互に聞こえてくる。加工音も右左で交互に聞こえてくるので音の厚みというのが如実に感じられる。
しかも、この曲は電子音と男性ハモリが多いのだが、CDやスピーカーで聞くよりそれが濃く聞こえるのも魅力のひとつだ。

冷たい風と片思い

これは静かな曲だという印象を受けていたのだが、イヤホンで聞いてその印象は一変する。私のイヤホンでは右耳。ずっとギターリフが流れているのだ。イントロのあのギター。もうこれを見つけてしまったら右耳にしか集中出来なくなる。なのに左では大好きなモーニング娘。の綺麗な歌声が聞こえてくる。これほど贅沢なことはあるだろうか。いや、ない。

スカッとMy Heart

金管の音とベース音の厚みがかっこいいこの曲。イヤホンで聞くと、右耳では金管・左ではベースのベンベンした音が鳴り続ける。この曲もイヤホンで聞いて好きになった曲だ。何よりベースがかっこいい。リズムが短調でないのが魅力だ。これもまたイントロを聞いてみて欲しい。

時空を超え、宇宙を越え

これは本当に盲点だった。
ピアノ(シンセサイザー?)の音が美しく聞こえてくる。ぽろろんって音が心地よくて、この曲の爽やかで少し悲しい魅力がいっぱい伝わってくる。なにより、コーラスと主メロが別の耳から聞こえてくるので、モーニング娘。のユニゾンの綺麗さを味わうことが出来る。


ハロー!プロジェクトの音。
モーニング娘。の音。をより深く味わうためにぜひモーニング娘。の曲をイヤホンで聞いてほしい。

生田衣梨奈生誕企画〜生田さんの好きなところを19個〜

  1. スタイル
  2. 実は優しい
  3. ガキさん推し
  4. 泣かないところ
  5. 情に深い
  6. キャラクター
  7. 生田さん力
  8. 美意識
  9. 懐の深さ
  10. 負けない心
  11. ラップ、がなり
  12. クロバット
  13. ダンスの首
  14. 笑顔
  15. しかめっ面
  16. 生活力があるところ
  17. 外交力
  18. 武器の多さ

愛とは何か答えを出せ


アイドルを「愛する」ということはとても簡単で、それなのにアイドルに「愛してもらう」ことはとても難しい。だから、愛してもらわなくたっていい。

愛とは何か?

きっとその答えはないのだろう。

伝! 工藤 遥|モーニング娘。‘16 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba

今、一番愛したくて未来を見たくて会いたくて思いが溢れてたまらない人が

「なにか、感じていただけました?」

と言ったから今の思いの丈を書こうと思う。

無償ではない愛。

アイドルを「愛する」。
私にとってそれは空気のようなもので、なくてはならない存在で私のまだ短い人生そのすべてがアイドルに支えられて生きてきている。岐路に立たされた時、私にはアイドルがいた。そして、アイドルがいたから出会えた人たちに支えられて生きてきた。

アイドルへの愛は無償ではない。

そしてその無償ではない愛に見返りは求めない。笑ってくれていればいい。笑わなくてもいい。ステージの上にたっていてほしい。そこが彼らにとって楽しい場所であって欲しい。

願いという名の欲望はたくさんあって、求めるアイドル像が細かい私が愛する人に思うのはそれだけだ。


なのに、今心の底から愛している彼女は言う。


「皆さんの愛を感じました。」


アイドルからファンへの愛は身勝手なもので、一方的なもので、それでいて重いものだと思っていた。なのにその華奢な体で『愛』を受け止めようとしてくれる。それだけでない。彼女は愛をかえそうとしてくれる。

アイドルファンをやっていてこれほど幸せなことはあるだろうか。いや、ない。

たくさんのアイドルを応援してきた。

愛してるを口癖のようにいう人がいた。
ファンのために走り抜ける人がいた。
ファンのために前を進もうともがいてくれる人がいた。
一緒に進もうと泣いてくれる人がいた。



なのに今、工藤遥を見て私は一番愛されてると感じる。なぜだろう。


綺麗事を並べないからこその言葉のパワーをそこから伝わる愛を感じている。


アイドルとファンの間にある無償ではない愛をこれほどまで愛したのは初めてだ。

続・11人いる!〜東の地平・西の永遠〜

はじめに

やっと!現場デビューしてきましたぁ。行きません!と高らかに宣言したのは5月頃。モーニング娘。ブルーライトの奥にいるだけでいい。なんて思っていたのに!
簡単に行ったよね。
仕方がない。モーニング娘。'16ちゃんがわざわざこんな遠くまで来てくれて、愛し様である工藤遥ちゃんがフロルをやるなんて

行くしかない。行かないてないから。



続・11人いる〜東の地平・西の永遠〜

2016年6月12日、11時開演。East公演に参加させていただきました!会場につくいたのが9時前。グッズ列がある程度並んでいて、みなさん和気あいあいと話されててハロヲタさんってみなさん仲がいいんだなぁと実感。ヲタTなるものも始めてみました。あと缶バッチとかも!異文化……。でも楽しそうだった。キーホルダー欲しい。ってなった。地味にステマしてくるのやめて!
で、グッズを買いに行きました!日替わりがWi-Fiハルちゃん。だったので、それを購入。購入するときなんていえばいいかわからんかったからめちゃくちゃ小声で
「日替わりの工藤さん。はい。以上で。」
って言った。これ何が正解?
でも日替わりっていいですね!6月12日って書いてるの嬉しい♡宝物。

グッズ買い終わってからは知り合いの方といろいろお話させていただいていざ!開場!

縁があり譲っていただいた席は一階席の後ろの方。全体を綺麗に見える席でとても良かったです!ありがとうございます。



ここからはネタバレを含みます。ご了承くださいませ。

全体の感想

泣いた。

普通に泣きました。良かったです。LILIUMみたいな驚きの展開も、TRIANGLE-トライアングル-のようなまじか。な展開もなかったんですけど、まっすぐに少女漫画でまっすぐに友情漫画でした。あんなにもストレートに気持ちをぶつけられたら涙が止まらない。悲しくて、楽しくて、美しいものを見させていただきました。

特にフォースとバセスカ、チュチュとバセスカの対峙するシーン。
フロルとタダがすれ違ってしまうシーン。
美しかったです。悲しいシーンにこの言葉は似合わないのかもしれないけれど、今はその言葉しか出てこない。




あゆみんのタダはきっと凄いものができるんだろうなと期待していました。期待の上をいってくれたのは素直に嬉しかったです。タダは嫌なところがひとつもないただ普通の好青年。その好青年を演じるのはとても難しいと思います。主人公の存在感は残しつつも、その場面場面でスポットライトの当たる人達をしっかりたてなければならない。そんな微妙な役割を果たすことが出来ていました。
初めての男役。あそこまでの声の変化と、所作のかっこよさ。もっとあゆみんの男役が見たくなりました。カーテンコールの普段の声を聞いてはっ!この声だった!ってなるくらい自然に男の人になれていたように感じます。


フロルの行動が好きで。歩き方、走り方、抱きつき方。少女漫画から出てきたような姿に目を奪われました。
詳しくはこちらに書きました!
工藤遥さんの演じた役柄について細かく語ってみる。(随時更新) - 美しいと思うものただそれだけ。


バセスカは本当にカッコよかった。フクちゃんの声のおかげでバセスカの意思の強さがひしひしと伝わってきました。フォースとの歌の場面は思わず涙が……
フクちゃんはやっぱりロックだなぁと感じてしまいました。そして舞台の上で華がある!

逆にフォースは歌で魅せられました。小田ちゃんのフォース。すごく良かったです。普段はあんなに可愛い声なのにどうしてあんな低い声が出るのか……。フォースの悲しみや苦しみを考えると胸が痛くなります。演技が苦手なんて言ってたみたいだけどそんなことないよ!と思います。

それを思ったのは、トマノのまーちゃんも同じ。
酔っぱらいの演技をわざとらしく見えないギリギリまで攻めてるのは性格なのかな?ソロの歌を聞きたかったです。それは残念だったなぁ。

チュチュのちぇるしーと石頭のあかねちんには未来を感じずにはいませんでした。このふたりがきっと、今後の舞台で真ん中になっていくんだろうなと思います。

チュチュは、強くて弱い女の子。そんなチュチュの愛しさがすごく伝わってきました。歌もすごくうまかったです。きっとこの物語の中で1番翻弄された役だと思います。それでも強く生きようとしたチュチュ。『チュチュ』がこんなに大好きなキャラクターになったのはちぇるしーのおかげです。

石頭のあかねちん。
大物感が凄かった。ずっしりと構えていて、役がいいの貰えるともっともっと良くなっていく気がします!
セリフの緩急の付け方とかもよくて、私の好きな演技をしてくれていたので、もっと出番があれば……という感じでした。

あとの12期。

まりあちゃんとはーちん。
まりあちゃんはほぼ初!演技なのにオナっていうめちゃくちゃ重要な立ち位置。きっと大変だっただろうなと思います。けれど彼女の持ち味である長い手足とバレエの経験を活かしたすごく素晴らしいダンスを見せてくれました。いつも元気なまりあちゃんの儚い姿。素敵でした。

はーちん。はーちんも出番があまり多くはなかったんですけど、最後の最後で物語を動かす役柄。はーちんの声はよく通るので、セリフがクリアに頭に入ってきて、ラストへ向けてすごくいいスパイスになっていたと思います。


最後の2人。はるなんと生田さん。
久々の舞台だった2人。けれどはるなんの演技はミラーちゃん、リコリスを見て大好きだったので、生で見るのを楽しみにしていました。いやぁ綺麗だった。やはり最年長の大人っぽさが演技にも出ていたように感じます。
アテナイさんの俯瞰から見る感じとても好きでした。

生田さんはレッド。殺陣がすごくかっこよかったです。普通にイケメン。これは生田さんにしかできないことだなぁと思いました。生田さんの所作が、好きでモブで出てる時とかにもそういうのが見られて嬉しかったです。





あと、つばきファクトリーちゃん。演劇女子部ちゃん。宝塚のおふたりも書きたかったんですけど、それはまた今度。機会があれば……

モーニング娘。'16に歌って欲しいジャニーズ曲。

譜久村聖

ミッドナイトシャッフル/近藤真彦

フクちゃんの疾走感あふれる歌声が好きなのでマッチ曲を歌わせたかった。俺を呼び続けるのブレスとか伸ばし方とか綺麗にしてくれそうだなぁ…

生田衣梨奈

僕のシンデレラ/テゴマス

可愛い曲が似合う生田さん!
あのね!わたし、引越しするの!のところのあのね!をめちゃくちゃ可愛く歌ってる生田さんが見える……(見えない)

飯窪春菜

sweet matini/NEWS

Sweet Martini〜やっぱりzoppさんは天才だよ!〜 - 美しいものだけを見ていたい。

唯一の成人メンバーはるなんにはNEWS史上最強の大人曲(個人比)であるsweet matini!
この曲って間がちょくちょくあるので表現力のあるはるなんがどんな表情を見せるのか見たかったりする。

石田亜佑美

sexy.honey .bunny!/V6

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ(ジャケットC)

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ(ジャケットC)

あゆみんガシガシ踊らせたいっ!
サビの摂氏!1000度!ら!ら!ら!ら!ってところをかっこよく歌ってくれそうだなぁと思いました。
あゆみんは絶対V6!

佐藤優樹

Peak/KAT-TUN

ぜーったい似合う!まーちゃんの無駄なことなんて何にもないさーが聞きた過ぎた。
あとAメロの記憶の中でうずくまぁってるのまぁの上がり方でがなりを入れてきそうで想像だけで鳥肌。

BUTTRFLY(赤西、上田曲)もかっこよく歌ってくれそうだなぁ。

工藤遥

I see the light 〜僕達のステージ〜/Sexy Zone

ハルちゃんはセクゾだろ!っていう安易な考えで曲なにあるかなー?って思い出してたらこれ!
今ステージに煌きを敷き詰めての『今』の歌い方絶対綺麗だと思う。セクゾのデビュー当初の拙い声がハルちゃんの声質に似合うと思いました。

小田さくら

約束/KinKi Kids

我らが誇る歌姫にはキンキの名曲を。
歌声に涙を乗せられるさくらちゃんだからこそ艶っぽい約束の雰囲気を醸し出せることが出来るんじゃないかな?
だけど君は綺麗になる僕のいない場所での『場所で』の伸ばし方ぜったいかっこいい。確信してる。

尾形春水

THE D-Motion/KAT-TUN

はーちんは機械音かけられてることが多いイメージがあるので私の大好きなこの曲!関西出身なのでエイトの曲にしようかなと思ったんですけど、以外にこういうブラックな雰囲気が似合いそうだなぁと思いました。

野中美希

雨傘/TOKIO

歌い出しのまってーが似合いそう!あとちぇるしーの裏声を聞いてみたい!しっかり!ちゃんと。
あとなんとなくなんですけど、女の子のコピーバンドのボーカルっぽいイメージを持っているのと、彼女の持つ湿っぽさ(いい意味での)にとっても似合うなぁと思いました。

牧野真莉愛

innocence/テゴマス

まりあちゃんは以外に強めな曲が似合う。っていうギャップがめちゃくちゃ好きなので、そこも込みでこの曲を選曲。テゴマスの青春コンver.でお願いしたい。最後のサビの欠けたハートのままいこうぜーの前のアレンジ×まりあちゃん見たい!絶対かっこいい!

羽賀朱音

世界がひとつになるまで/Ya-ya-yah

今のモーニング娘。でこの曲似合う人他にいない。少年少女だからこその危うさと未来への美しさをうまく表してくれるのはあかねちんしかいない!一発で決まりました。
大切に大切に歌ってるところをみたいなぁ。

Twitter備忘録








































牧野真莉愛ちゃんが気になる。

はじめに







牧野真莉愛ちゃん
モーニング娘。'16 12期メンバー
イメージカラー:ライトピンク

そんな彼女が最近機になり始めた。って話です。

アイドル・牧野真莉愛

まりあちゃんのことは元々好きで(顔が)、なのにモーニング娘。で明らかに浮いちゃってる感じがちょっと痛々しくてそこから一歩踏み出せないところがありました……。まりあちゃんをよく知ったのは、やはり私が大好きな工藤遥ちゃんと仲良くなったから。というか、仲いいのを知ったから。です。

まりあんらぶりんです!
とか
ごめんちゃいまりあ!
とかまっすぐにアイドルする姿を好意的に見られるようになったのは、そこに『愛されたい』という欲求があると知った時。アイドルが『有名になりたい』だったり、『テレビに出たい』って言ってくれるのはとても好きで。そんな子を見るとガツガツ言っちゃえ!と応援したくなります。しかし、『より多くの人に愛されたい』と言い、そのための努力をしてくれるアイドルはもっと好きで、たまらなく愛したくて愛したくて仕方がなくなります。まりあちゃんはそんな力を持っていました。


まりあちゃんを知れば知るほど好きになっていく。
それに加えて彼女は、今、モーニング娘。'16の中で一二を争うほど急成長しています。


そんな彼女の大好きだな。と思うところを余すことなく。



決める力。決められるビジュアル。決めるための努力。

アイドルに私が求めるもの

  1. ビジュアル
  2. 決める力
  3. 愛されたいという欲求
  4. キャラクター性
  5. 歌唱力(主に声質)
  6. 根性


牧野真莉愛は、私が求めるものから一番かけ離れているメンバーだと思っていた。しかし、今、そんなことを思っていた自分に後悔している。
牧野真莉愛の決まったときの威力の強さをヒシヒシと感じさせられている。

『決める力』とは……
主に音楽番組、コンサートなどで決めポーズを確かに決めてくれること。決めポーズだけではない。カメラに抜かれた時、見ている側に心地よい波を立たせる。そこからその人しか見えないほどの印象を植え付ける。そんな力のことを言う。ビジュアルがよくたってお人形さんではいられない。そのビジュアルを最大限に生かす表情ですべての空気を掌握するそんな力のことだ。
PRISMのonly you 工藤遥生田衣梨奈でその曲が締まった。あのときの感覚のことを私は『決める力』がある。と読んでいる。

決める力がある人は正直言おう。美味しいのだ。
印象づけられるだけではなく、アウトロやイントロで引きの絵を撮られることが多い。今回のライブのone・two・three工藤遥が顕著な例だ。
(モーニング娘。内で今、一番この力があると思うのが工藤遥なので、工藤さんばかり例に出して申し訳ない。)

さて、牧野真莉愛の話をしよう。
彼女の決める力を実感したのは、Mr.moonlight〜愛のビッグバンド〜をハロ!ステでみたときだ。その後のラジオ等で彼女が考える牧野真莉愛王子の裏設定を聞き、その努力に感嘆した。YAH!愛したい。でそれは確証に変わる。
カモン!と叫ぶ彼女の強さはいつものまりあんらぶりんちゃんとは違う。あれだけで曲に重さと疾走感が増したように感じた。空気が変わるとはこのことだ。そういえばPVでも彼女のシーンは頭に残っている。曲の雰囲気に合わせてキャラクターよりも表情を優先する。自分の性格さえも変えてしまいそうな危うさと美しさをたまらなく好きになった。

決める力は誰にでも持てる力だと感じている。ただ、そこにはある一定のビジュアルとそれに慢心しない向上心。が必要になる。実は努力家の牧野真莉愛ちゃん。きっと秋ツアーはとんでもないことになっている。そんな気さえする。未来しか感じられない。

『心を奪われる。』
『恋をしてしまいそう。』

牧野真莉愛に対してその言葉を発せられる日を私はまだかまだかと待っている。
まぁそう遠くない未来なんだろうけれど。