ヲタクをやめた元ジャニヲタ女がハロプロを応援するようになるまで


出会いは安倍なつみ
そして℃-ute
あのときわたしはまだジャニヲタで
少しだけヲタクをこじらせていて
今の現状から少しだけ逃げたい。
そんな気分だった。


わたしがアイドルに憧れる年の頃、世間はいわゆる辻加護ミニモニ。全盛期だった。加護ちゃんが好きでWも好きで、ミニモニ。も好きで…そんなごくごく普通の少女だった私。しかし、いつのまにか『ジャニヲタ』になっていた。つい最近までジャニヲタであることに誇りを持ち、大切な人はいつだってジャニーズの誰かだった。モーニング娘。'14の存在もももちも道重さゆみもしっていた。そういえばきらりんレボリューション℃-uteの誰かが歌ってたよね。ハロプロの知識はその程度だった。


出会いは安倍なつみ
水曜歌謡祭で久々に見たなっちは、現役の頃と変わらず可愛らしくてアイドルの要素を色濃く残したまま素敵な歌手になっていた。ザ・アイドルを行くなっちにとても興味が湧き、初めてYou Tubeで『モーニング娘。』を調べた。そこにいたのは人や名前が変わっても変わらず全力でアイドルな少女たち。


そして℃-ute
水曜歌謡祭より先だったか後だったか……。
℃-uteのMステ出演。
あれ?きらりに出てた子は誰だろう?とわからなくなるほど美しく大人になっていた℃-ute
みんな可愛くてセクシーでダンスも歌も上手くてその姿に虜になった。
そこから『℃-ute』の公式ブログやYou Tubeの公式ページをブックマークするまで時間はかからなかった。



『ハロ!ステ』や『Green Room』をみても
モーニング娘。'15だけはどうしても好きになれなかったのはどうしてだろう?と今思う。



きっと先に安倍なつみがいた頃の大人っぽいモーニング娘。やプラチナ期のモーニング娘。を見てしまったから。
今のモーニング娘。は、あの頃より平均年齢も低く幼い。幼いからこそ出せる魅力に私はまだ気付けていなかった。


そんな私がモーニング娘。'15をもっと見たいと思ったのはMステ 10時間スペシャル。黒髪ショートの女の子が工藤遥ちゃんなこと、くどぅーというあだ名で呼ばれていることは知っていた。しかし、私よりも年下の女の子があんな目をするなんて…。知らなかった。工藤遥さんが持っている全てのアイドル性に恋をした。



恋をした。



きっとその言葉が適切なのだと思う。そして、間ジャムやFNS歌謡祭。彼女に何度も恋をする。その感覚が気持ちいい。忘れられない。そう思ううちに彼女の顔が頭から離れなくなった。



そんなころ1つの事件が起こった。





…その話は次の記事で