読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは鏡なのかそれともガラスなのかはたまた……〜工藤遥とキャラクター〜


工藤遥の爆発力は何度も話してきたが、今回は吸引力について語ってみようと思う。


全ては主観。



工藤遥さんのピュアさが好きだ。擦れない工藤遥さんがすきだ。

よく『工藤はキャラ先行だから』と言われる。確かに超実力主義ハロー!プロジェクトの中でそれは異端で、自分をさらけ出さない工藤さんにヤキモキする気持ちもわかる。しかし、アイドルにとってキャラ付けは絶対不可欠で…いくら歌が上手くても、ダンスが上手くても、可愛くても、アイドル自身に面白みがなければファンは増えない。ファンの自分勝手な欲望を叶えるのがアイドル。しかし、全てを叶えてしまうと面白みがなくなる。ファンがアイドルに振り回されるのも違う。そこの微妙なさじ加減からくる危うさがアイドルの最大の魅力だ。


わざわざ言う。


キャラ付けの努力を惜しまない工藤遥さんが好きだ。
ヲタクが思う工藤遥になろうとする工藤遥さんが好きだ。ピュアすぎるがゆえに求められた工藤遥を映してしまい、自分の中に溶け込ませてしまう工藤遥さんが好きだ。
ファルスもアサダも……
今まで見てきた、演じてきたその全てが工藤遥さんの要素になっていく瞬間が好きだ。それでも変わらず笑う工藤遥さんが好きだ。工藤遥さんの吸収してきた混ざり合わないものたちがいつかドロドロになってしまうのではないか…そんな不安もある。けれどいつかそれが鮮やかなマーブルを描いてくれれば嬉しい。


キャラを付けようともがく工藤遥さんも美しいが、経験の全てを吸収していってしまう工藤遥さんはもっと美しい。自分に憑依させてしまうことで、工藤遥さんの表現力がどんどん上がっていくのを見るのはとても清々しい。舞台上に工藤遥さんはいないのに、そこにいたのは登場人物なのに……ステージでひょっこり憑依させた何かが出てくるのを見るたびにゾッとする。


ゆらゆら揺れている人の芯は実は誰よりもしっかりしている。軸がないと揺れることができない。いとも簡単に揺れてしまえる工藤遥さんが好きだ。





工藤遥の歩んできた全てに敬意を表して