モーニング娘。'16のMr.moonlight〜愛のビッグバンド〜を見ました。

はじめに

ミスムン論争?ですっけ。が起きてるらしいですが…まぁいろいろイラッともしてますが、なにより事務所側が
「工藤、生田、牧野ならやってくれる」と思って
「これならハロステで流せる」
と思ったのが全てなのでスルースキルもう少し身につけないとと感じたまでです。

ここからは褒めますよー!すごく良かったので!

全て主観

全体像

私が、Mr.moonlight(ミスムン)に求めるものって宝塚みたいなショーっぽさと、10代のアイドルだから出せるワチャワチャ感。その2つを見事にクリアしていて、なおかつオリジナルのミスムンとはまた違う味が出ていてとても素敵でした。モーニング娘。を見ていて思うのが、卒業と加入を繰り返すからこそ年代で楽曲の色が違ってそこがまた面白いところなんだなぁと感じます。ミスムンは、

リリース時→男役は吉澤ひとみさん、安倍なつみさん、後藤真希さん。冒頭は5期メンバーの持ち回り。セリフの相手は小川麻琴さん。吉澤ひとみさんのボーイッシュキャラ、そして大所帯になったモーニング娘。に合わせて作られた楽曲でした。

そこから男役は高橋愛さんに継承。

そして今回、工藤遥さん、生田衣梨奈さん、牧野真莉愛さんに受け継がれました。未完成で不安定なミスムンが新たな風を巻き起こす瞬間を動画ながら見ることができて嬉しく思います。そしてこれが完成される瞬間があるのかと思うとウキウキ感とワクワク感でいっぱいです。

人選

工藤遥さんと生田衣梨奈さんは予想できたんですけど、まさかまさかの牧野真莉愛さん!いやーびっくりしました。あのまりあんらぶりんちゃんがまさかの男役。この3人改めて考えてみると、空気感を変えることのできる3人だなぁと思いました。そして吸引力がある。なによりキャラ立ちがしっかり『できてる』3人だからこそ、この曲のショー的な部分の魅力をしっかりと演出できることができたのだと思います。

牧野真莉愛さん

本当にびっくりした!まりあちゃんが男役だと聞いたときに、きっと女の子らしい女の子が男っぽい役を演じてるっていうギャップを見せたいんだろうなと思ってたんですけど、本当に男の子になってました。すごく研究したんだろうし、努力したんだろうな……。いつもの可愛らしい笑顔は封印して、学園の王子様風に化けてました。すらっとしたスタイルがミスムンのダンスにもぴったりハマってたなぁ。もっともっと伸びしろはあるだろうし(これは男役3人に共通する)、しがみついてやる!目立ってやる!っていうギラギラ感がひしひしと伝わってきてこれからが本当に楽しみになりました!まりあちゃんの歌声をこんなにまじまじ聞いたこと無かったので、それもとても嬉しかったな。

生田衣梨奈さん

ナチュラルイケメンこと私が恋い焦がれる人こと生田衣梨奈さん。また恋。生田さんに対してはまたもや恋。エレベーターであんなウインクされたら恋しかない。キメ顔が本当に上手いよなぁと思う。自信満々と堂々とした姿でまりあちゃんとは違って、『モーニング娘。?よくわかんないけど一通り抱いた』感がすごかった。きっと余裕なんてないだろうに余裕そうに見えてshow must go on(ジャニーズイズム)を感じずにはいられなかったです。
ジャニーズのカウコンでアンダルシア流れてヒガシ出てきた時の安定感と高揚感と同じものを感じた。まさに皇帝という言葉が似合う。もしも、舞台で男役してくれるのなら楽しみです!

工藤遥さん

ミスムンが工藤遥を待っていたのか、工藤遥がミスムンを連れてきたのか……という感じです。←
工藤遥さんの点が線になるお仕事の入り方がすごく好きなんですけど、これもまさにそれだなぁと思って。長い間ボーイッシュキャラをやり続けて、男役もして、評価を受けて、スキル面の努力して、「工藤ならミスムンをやれる」と思わせたからこそMr.moonlightがセトリに入ったんだろうなと思います。きっとそこからの努力もひとしおで、それを微塵も感じさせない堂々としたパフォーマンスでした。ダンスの踊り方や1つ1つの所作が男性的で、表情も堂々としていて、ただそこになぜか不安定さが共存しててすごく興味深かったです。
皇帝とか王子様というより、チャラ男というかそれこそファルス感はあったんですけど、それとはまた違う……新たな男役を作ったんだろうなと感じました。踊ってはくれるんだけど永遠は誓ってくれなさそうな。
歌い方も擦れたりはしてましたが、歌い終わりの切り方とかが男っぽくて素敵でした。

なによりあそこまで恥ずかしげもなくやりきってくれたことに感謝しかないです。一瞬たりとも工藤遥には戻らなかった。そこにいたのはミュージカルの主演俳優のようで、ショーのパフォーマーのようでした。

ショー

これはモーニング娘。'16全員に言えることで、これで一幕見てみたいと思えるくらい完成度の高い『ショー』になっていました。羽賀朱音さん、飯窪春菜さんはじめ女役の人たちの表情も楽しそうで素敵でした。全体の流れは見てないからわからないんですけど、いつものモーニング娘。'16のパフォーマンスではなくて、ミスタームーンライトの世界観にいる12人がそこのシーンだけひょっこり出てきたんじゃないか?と思えてしかたが無かったです。これこそがショー的なミスムンの楽曲の魅力だなと思い、それを最大限に表現できたからこその会場の盛り上がりだったのではないかと思います。




モーニング娘。'16の完走を願って