バランスと明るさと10期らしさ。

10期

9期が2人になる。そして、彼女たちに任された役目はリーダーとサブリーダー。10期が真ん中に立つ日が来たことを、いつだって明るい彼女たちはどう思っているのだろうか?バランスがいい4人だと思う。見方によっては家族のようにも、親友のようにも見える。それはきっと現在最年長の飯窪春菜のおかげであり、3人が彼女を愛しすぎているから。
悪ガキ2人に、スベリーズに太鼓持ちキャラ。キャラが濃すぎる4人。相入れなさそうに見える4人。なのに結束力は硬く、10期で固まるとなぜかとたんに強くなる姿は実に面白い。10期は10期で1つなんだと思う。自分たちの長所を10期で分け合って、悪いところはカバーしあえる。そんな関係性が好きだ。全員が全員に依存している。そして、安心しきってるからこそ任せられる。

しかし、彼女たちは先輩になった。中心になった。
もう、最年少コンビではいさせてくれないし、ダンス2TOPではいられないし、成人メンバーはどんどん増えてくる。
10期は1つだ。でも個々でもそれぞれの魅力を爆発させている。もがいていることも苦しいこともたくさんあるのだろう。それを明るさで隠してしまえるのが元気印オーディションの合格者たち。

テンションMAXでいてくれるのはこちらとしても嬉しいし、楽しい。ただその裏に抱える何かを感じてしまうのは、彼女たちがそれほどまでに頼もしくなったからなのかもしれない。