読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤優樹さん生誕

はじめに

ギリギリ更新すいません

境界線

きっと佐藤さんが背負うものは沢山あって、それを見せないことがかっこいいと思ってる。でも、ときどき爆発してしまう。そのときに発せられる言葉のパワーは強く、ときに誰かを勇気づけ、ときに誰かを不安にさせてしまう。
それは彼女自身も同じ。
良くも悪くも佐藤優樹から目が離せない。
人間として面白い。そこに私が求める何かがなくても彼女を見ていたいし、彼女に対してうだうだ言っていたいと思ってしまう。佐藤優樹の最大の魅力は『深さ』だと思う。そしてその深さを深いと思わせない底抜けな明るさ。無邪気さ。

佐藤優樹さんのどれが正解なのかがわからない。どこまでがアイドルまーちゃんなのか人間・佐藤優樹なのか。彼女自身もその境界線を作ってはないのだと思う。天性。そう言ってしまえば簡単だが、私は彼女に対してそんな簡単な言葉を使いたくない。天性も天才も似合わない。努力の値だけ成長してきた人なのだろう。そして、それを見せないからこそ天性と言われる。天才と言われる。

無駄なものまで背負ってしまう人なのだろうか。それとも背負ったものを気づかないで突っ走れる人なのか。わからない。でも、彼女を前にするとそんなことどうだっていい。って思ってしまう。

佐藤優樹さんへの思いや気持ちが爆発しても、彼女の声や歌や言葉を聞くと

「まぁ、いっか。」

ってなってしまう。文字では表せない魅力を持った人だ。捉えた獲物は離さない。そんな強さも持った人だ。

一度見てみればいい。

そう言える人がモーニング娘。にいる幸せをなんと名付ければいい?名付けなくてもいい。
彼女が見せてくれるvisionを信じて進めばいいだけなのだろう。



佐藤優樹の未来に栄光あれ